So-net無料ブログ作成

映画「ちいさな独裁者」

 ナチスの軍服は、いろいろと物議を醸す。嫌忌するナチス総統のアドルフ・ヒトラーとホロコースト(ユダヤ人の大量虐殺)の鮮血に染まった暗黒史を想起させるゆえだ▼昨秋、韓国の人気ヒップホップグループ「BTS(防弾少年団)」が、米国のユダヤ系人権団体から非難された。コンサートでナチスようの旗を振るなどして、感情を逆なでした。戦後74年がたった今も被害者の深手は癒えない▼人は誰しも少なからず英雄願望を持っている。自己の優位性を保つために、器に見合わない権力をやたらと振りかざす。そのための武装として、ナチスの軍服は有効なのだろう▼実話ベースの映画『ちいさな独裁者』(8日公開)は第2次大戦が終戦まぢかのドイツで、一兵卒の若者がナチスの将校服を偶然見つける。権威の象徴の軍服が小心者を悪魔に変える。即決裁判で国防軍の脱走兵らを次々と処刑していく▼日本は戦前の軍国主義から戦後、民主国家に生まれ変わった。天皇を「神聖な存在」から「日本国の象徴」とし、司法、立法、行政の三権分立で権力の狂気的暴走を防いできた▼しかし、微妙なバランスの上に成り立つ、この三権の力関係が崩れてきてはいまいか。安倍1強政治…権力を監視する報道機関の弱体化も一因として猛省する。建国をしのび、国を愛する心を養うための「建国記念の日」(11日)が近づく。

nice!(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0