So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

映画「愛しのアイリーン」

 近頃、映画もドラマも漫画原作がやたらと目につく。漫画の奇想天外の設定や無稽千万の物語は強烈なインパクトがあって、若者受けがよいのだろう▼本県から2016年の村田沙耶香さん、17年の若竹千佐子さん、18年の高橋弘希さんと3年連続で芥川賞作家が誕生した。純文学が映像化されないのは、残念至極である▼活字中毒症の筆者が繰り言を述べていると、またも漫画原作の邦画『愛しのアイリーン』(公開中)の試写状が、ひらり軽やかに届いた。それがトレンドなら詮方なしと会場へ▼昔は〈便りのないのはよい便り〉と言った。映画では音信不通の中年男が寒村に帰省する。父親の葬儀中にしかもフィリピンで〝買った〟幼妻を連れて…悪い知らせだった▼金にまつわる国際結婚の罪と罰が赤裸々に語られる。日本人の男はフィリピン人女性を見下し、金で結婚生活の難題を解決しようとする。愛は芽生えるのか。殺人の血に手を染めた新婚夫婦が初めて同衾する時、官能の喜悦がさざ波となって汗だくの体を走り抜ける▼主役の安田顕さんは劇中、性欲の権化を怪演するが、実際は大地震に襲われた北海道に軸足を置く演劇ユニット所属の苦労人。本作は『俳優 亀岡拓次』(16年)以来の単独主演作となる。さぞや東京での成功を郷里のご家族は喜んでいるだろう。そう思うと、映画の結末に反して救われる。

nice!(1) 
共通テーマ:blog

nice! 1