So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

映画「君が君で君だ」

 「恋人に逢いにゆく嬉しさは、勉強をやめるときの子供の嬉しさと同じ」(シェイクスピア著『ロミオとジューリエット』岩波文庫)と、フツー気分が高揚するはずだが、当世の若人の生態はどうか▼交際相手のいない独身者(18~34歳)が男性7割、女性6割で過去最多。国立社会保障・人口問題研究所の調査は、肉食系のオジサン連を驚かせた。恋にも完全マニュアルが入り用なのかしらん。極端な〝おひとり様〟社会が進んでいる▼そして、ラブストーリーと共に成長してきた映画の世界は今や、アブノーマルな恋愛モノが共感を得る。牽牛星と織女星が年に一度だけ出会う七夕に公開された邦画『君が君で君だ』も、偏愛が銀幕にあふれる▼韓国の純な女性にべたぼれの3人の男が、献身愛を怪演。くせ者俳優の池松壮亮、満島真之介、大倉孝二が、女の好む尾崎豊、ブラピ、坂本龍馬になりきり、ひねもす陰から見守る▼アジトは女の部屋の対面のぼろアパート。「姫を守る兵士」と称し、盗聴など公安警察並みに行確し続ける。脱魂的な10年間が無為に経過する。笑いのつぼを心得た喜劇演出にだまされそうになるが、単なるストーカー集団。隠密の求愛である▼仏の作家、ラ・ロシュフコー(1613~80年)が箴言を残す。若人よ、「恋においては、あまり愛さないことが、愛されるための確実な方法である」と。

nice!(1) 
共通テーマ:blog

nice! 1