So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

映画「29歳問題」

 ことわざ辞典を繰っていると、人は他人との比較の中で生きていることを再認識する。「隣の芝生は青く見える」の羨望は人の常だが、「隣の貧乏雁の味」までいくと底意地が悪い▼「羨」はふた文字の会意で、ごちそうを見てよだれを流すさまを表し、ひいて「うらやむ」の意となる。あまり褒められた格好ではない▼テレビ局の女性アナウンサーは、俗世間で「30歳定年説」がささやかれる。若さの美ぼうだけでチヤホヤされた年齢を過ぎて、進路の選択を主に周囲から迫られるゆえか。一見華やかな高いキャリアが、かえって邪魔になる▼香港映画『29歳問題』(公開中)の女性も、30歳の壁に正面衝突する。仕事も恋も順風満帆だが、漠然とした将来不安にさいなまれている。そんな時、同い年の女性の日記を読んで、おおらかな生き方を「羨」み、幸せであることへの自問自答を繰り返す▼アラサーの生態を熟知する同世代の女性監督は、昇進、結婚、親の介護と多くのキャリアウーマンが抱える問題で主人公を追い詰める。人生100年の長寿時代、生き方の選択肢は一つではなかろう。正解は神のみぞ知る▼「羨」むという行為は、本人は何も実行しない。人生においての優先順位は、仕事か家庭か趣味か。身の処し方の代償を支払うのは詰まるところ本人ゆえ、よだれを拭いてわが道を行けば、後悔も少なかろうぞ。

nice!(0) 

nice! 0