So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の1件 | -

赤い糸

 「赤い糸」には伝説がある。「運命的に出会った男女は、生まれた時から互いの小指が目に見えない『赤い糸』で結ばれている」。ロマンチックな話の起源は、日本最古の歴史書『古事記』に遡る。諸説の一つだ▼現代で糸といえば、中島みゆきさんの名曲を思い出す読者も少なくなかろう。四半世紀前の曲は無縁社会の世にも歌い継がれて、今やすっかり結婚式の定番となった▼歌詞が心に染みる。〈♪なぜめぐり逢うのかを 私たちはなにも知らない〉。なるほど、出会いはいつも偶然だ。しかし、〈♪縦の糸はあなた 横の糸は私 織りなす布は いつか誰かを 暖めうるかもしれない〉。偶然の出会いは実は必然であって、幸福な一対は誰かの暖となる▼高円宮家の三女絢子さま=東金市の城西国際大・研究員=と守谷慧さんが29日、結婚された。式後、報道陣に対し絢子さまは「多くの人に祝福してもらい、何と幸せなのか」と喜びを語った▼結婚の【結】は、編の【糸】と固くしめる意と音を示す旁の【吉】から成っている。この日、2人の運命の糸は固く結び合わされた▼結婚生活では〈逢うべき糸に出逢えた仕合わせ〉を紡ぎ、錦繍の布で私たちを暖めてくれるだろう。成田市出身の斉藤勇貴監督作『古都』(2016年)の終幕にも流れた名曲がまた鼓膜によみがえる。嫋々たる伝統の糸は後世につながっていく。

nice!(0) 
前の1件 | -