So-net無料ブログ作成
検索選択

映画「八重子のハミング」

 写真家・宮嶋康彦さんは、妻を「愛氏」と呼んでいた。生後間もない娘を亡くした翌1981年、奥日光・湯元温泉栃木県)の旅館夫婦住み込みで雇われ、フォトノベル『日の湖 月の森』(草思社)を刊行した頃のことである▼こうした愛情深い一対の場合、伴侶が病に倒れたら心痛は絶えない。あんなに元気で輝いていた人が、なぜ…。残酷な運命を呪うかもしれない▼若年性アルツハイマー病を主題とした映画は近年、多い。日本の『明日の記憶』(2005年)、米国の『アリスのままで』(15年)は、いずれの主役俳優も人が壊れゆくさまを哀切に演じ、観者の涙腺を決壊させた▼『八重子のハミング』(公開中)は実話が下敷き。山口・萩市に暮らす教員夫婦を悲劇が襲う。妻が50代前半でアルツハイマー病にかかり、以降12年間、夫が献身介護する▼試写会に先立ち、佐々部清監督が製作費集めの苦労話をした。「7年前に企画したが、映画会社回りは全滅。だから映画関連以外からお金を集めた」。多くの出資者に頭を下げて回ったのだろう。ゆえに本作にかける情熱が違う▼食事と排泄シーンが多く、介護する者の苦労が切々と伝わる。知力が徐々に奪われていく非情な病。だが、妻に向ける夫の目は常に優しく、人としての尊厳を守り抜く。最期まで伴侶を「愛氏」と呼び通せれば、それは真実の愛である。

nice!(0) 
共通テーマ:blog

映画「赤毛のアン」

 人生も半世紀を過ぎると、懐旧趣味が首をもたげてくる。少年時代に好んだ本や食べ物がやたらと恋しい。つい金に飽かして大人買いしてしまう。企業にとっては、上得意様である▼テレビ番組もその一つ。日曜日の夕食は、世界名作アニメとともにあった『トム・ソーヤーの冒険』など、主人公のほとばしる生命力と異国の空気感が新鮮だった。雑学として、映画評論家・双葉十三郎(音読みでソーヨー・トーミ)はトム・ソーヤーをもじった筆名だ▼『赤毛のアン』も印象に残った。感受性豊かなアンが巻き起こす日常の騒動が愉快だった。モンゴメリの名著がまたも実写映画(6日公開)となった▼『赤毛のアン』といえば、翻訳家・村岡花子(1893~1968年)。花子は第2次大戦下、憲兵や特高の目を盗んでひそかに敵性語を訳し続けた。「果たして、この小説を本にする日は来るのか」。厳しい言論統制下で、花子の心中には不安しかなかった▼カナダ人女性宣教師から友情の証しとして贈られた小説『アン・オブ・グリン・ゲイブルズ(緑の切妻屋根のアン)』の翻訳本が刊行されたのは1952年。終戦から実に7年もの歳月がたっていた▼花子が海外文学を通じて訴えたかったのは動乱の昭和において、反戦と平和だろうか。日本国憲法が施行されてから70年。わが国の最高法規はその主義を貫いてきた。

nice!(0) 
共通テーマ:blog