So-net無料ブログ作成
検索選択

映画「結婚」

 50歳まで一度も結婚をしたことのない人が、男性のほぼ4人に1人、女性のほぼ7人に1人。2015年の生涯未婚率は過去最高だったが、この犯罪は絶えない。いや独身が増えたことで、かえって隆盛なのか▼結婚詐欺師である。この罪の立件はかなり難しいらしい。事件記者時代に聞いた。海千山千の詐欺師が〈相手への思いは真実の愛だった〉と得意の二枚舌で弁明するゆえだ▼名優・大竹しのぶが好々爺をだまして財産を奪う『後妻業の女』(16年)は超高齢化社会を反映した佳作だが、やはり結婚詐欺師の本流は色男がうら若き女性の心を操り、金銭をむしり取るストーリーだろう▼思い出す。テレビドラマ『半沢直樹』で大ブレークした、堺雅人が実話の結婚詐欺師を演じた『クヒオ大佐』(09年)を。堺がハーフの米空軍パイロットを騙るゆえ、つけ鼻の変装のおかしみがあった▼邦画『結婚』(公開中)は、かつて鎌ケ谷市に暮らしたというディーン・フジオカが主役。当代一流の美形俳優はどこか影があって、その謎めきに女性はメロメロになる。作品のロケ地が流山、木更津市とあって、県民は感情移入しやすい▼教訓を一つ。いつまでも独り身でいれば、孤独から心に隙もできる。結婚して所帯を持つことを『身を固める』とは、言い得て妙。身辺防御が完璧なら、結婚詐欺の被害に遭う危険も少なかろう。

nice!(0) 

nice! 0