So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

滂沱の涙

 涙が滂沱とあふれた。夫の、姉の、家族の、そしてブログ愛読者の、頬を大粒の涙がとめどもなくつたって落ちた▼乳がん闘病中のフリー・アナウンサー、小林麻央さんが彼岸にわたった。まだ34歳の若さだった。歌舞伎俳優の市川海老蔵さんの妻として、2人の幼子の母として、心残りはたくさんあったことだろう。その無念を思うとき、涙を抑えきれない▼強い女性だった。いや強さを演じることで、くじけそうになる心を鼓舞していたのか。乳がん公表後の昨年9月から、赤裸々な闘病記などをつづったブログを始めた。同じ境遇に苦しむ患者にどれほどの勇気を与えことか。筆者も幾度となく読み、心の中で〈病気が治ってほしい〉と祈った▼「文章に善悪の区別、たしかにあり。面貌、姿態の如きものであろうか。宿命なり」。小説家・太宰治の言葉に照らせば、麻央さんの文章は容姿と心の澄み切った美しさを映していた。明鏡止水のように…▼人は生まれた瞬間から死に向かって歩んでいる。そんな摂理は分かっているが、あまりにも早すぎる死。「美人薄命」のことわざなど、裏切ってほしかった▼ブログの絶筆となった『オレンジジュース』。「皆様にも、今日 笑顔になれることがありますように」。細心鏤刻の生きた証しにまた涙が一粒落ちた。最期の言葉「愛してる」は、梨園の妻の貴女に多くの方から贈られる。

nice!(0) 
共通テーマ:blog
前の1件 | -